HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

「変身」の読み方。

かなーり前の話なのですが、フランツ・カフカの「変身」を新解釈!という番組を見ました。ちなみに「変身」というのはこんな話。



[背表紙より引用]

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレゴール・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。(後略)


シュールレアリズム小説、だそうですが。とりあえず今まで私がこの本に抱いていた印象は「気持ち悪ッ!」「不条理ッ!」「わけわかんねえ!」というものでした。どっちかというとホラーな感じで。楳図かずおな絵柄で。だって毒虫になったとか体液がぬらぬらとか言うんだもん。



で、その番組。

プレゼンター曰く『“変身”はギャグ小説です』というのです。



目覚めたら虫になっていたにも関わらず過ぎていく状況やら登場人物やらに、ツッコミを入れながら読むのがこの小説の楽しみ方だ、と。目覚めたら虫になっているというのに、悠長に「うーむ寝返りがうてんなあ」などと考えているザムザに「何言っとんねん!」というのが楽しいんです、と。



そういわれてふと思い出したのが「ごっつええ感じ」の「トカゲのおっさん」のコント。そういえば、あれもおっさんがトカゲであることに関しては誰も突っ込まないよなー、あの不条理さが面白かったんだよなー、ということを考えたわけです(あと不条理といえばキャシー塚本もですか)。



そんなわけで目からウロコ。ころっと印象が変わってしまった私。いやあ、本って本当にいいものですねえ(水野晴郎風)。せっかくだから図書館で借りてこようかななどと思っている今日このごろです。





んで番組名も全然忘れてたのですが、検索したら見つかったのでメモしとく。BSとハイビジョンでしか見られなさそうなのが悲しひ。



NHK 名作平積み大作戦

http://www.nhk.or.jp/hirazumi/



変身

変身
BOOK REVIEW | - | -

実在しない星を増やしたりしない。



手作りプラネタリウム



友人のブログに載っていて、めためた欲しくなってしまったので、昼休みに買ってきてしまいました「プラネタリウム」。ちなみに↓の本の付録。



大人の科学マガジン

http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/...



学研ですよ学研。懐かしい響き。「まだかなまだかなー」ってCMソングは誰もが一度は口ずさんでいるに違いない。小学校のころ「科学」と「学習」が家に届いてた気がするのですが、真面目に読んだのは「科学」だけだったなあ。本の巻末に「科学」も「学習」も定期購読の案内が載ってたので、まだまだ現役でがんばっているようです。やるな。



で早めに仕事を切り上げて帰宅して、1時間半格闘した結果完成したのが、写真のアレです。



ドライバーを回す手に力が入りすぎて人差し指に水ぶくれができたりしましたが、おおむね失敗なく完成。なんか久々に「工作」とかやったから楽しいです。うぉぉぉぉネジを回すぜぇぇぇぇって感じです。



ちなみに、肝心の「星」の方ですが、せまいところで見るとかなりキレイなのですが、広い部屋だとちょいとボケちゃってさみしい。できれば押し入れとかトイレとかお風呂とか、狭いところがいいかも。



乾電池を用意するのを忘れてると途中でコンビニに行ったりするハメになるので、もし購入する場合は電池の準備を忘れないように…
BOOK REVIEW | - | -

大人買い。

久々に大人買いをしてしまいました。しかもAmazonで。Amazonで大人買いをするのは初めてなのですが、送料無料で重い本を送ってくれるんだから意外と便利なのかもですね(でもあまりやらない。財布が痛いから)



査収したのはこれ。(1〜8巻)



ハチミツとクローバー (1)

ハチミツとクローバー (1)



マンガ喫茶で読んでいたのですが、結局まとめて読みたくなって買ってしまいました。あと追加で「下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 (完)」も購入。下妻物語は別に今買わなくても良かったんですが、今Amazonで3900円以上本を買うと文庫用ブックカバー1つタダがもらえるとのことで、オマケに弱い私としてはひとつ3900円以上買っておこうかなと!



さて、これでそろそろ私の本棚がMAXです。次は何を処分すべきかしら。
BOOK REVIEW | - | -

新刊紹介(12.17)。

営業の空き時間、久々に本屋の新刊コーナーをふらついてみました。

(最近は借りた本を消費しているので、つい買ってしまわないように、あまり新刊コーナーを覗かないようにしています)



ら。



ガラスの仮面 42 (42)

ガラスの仮面 42 (42)

美内 すずえ



うわー「ガラスの仮面」の「新刊」ですよ、しかも全編書き下ろしだそうですよ!ビバ美内先生!1冊も持っていないにもかかわらず、つい読みたさに買ってしまうところでした!さあ速水真澄の婚約パーティに紛れ込んだマヤの運命やいかに!

(思いっきり買いそうだな自分)



煙か土か食い物

煙か土か食い物

舞城 王太郎



おお、文庫。最近「純文学」扱いされている舞城さんのデビュー作がついに文庫化です。しかし新書だと結構厚い気がしてたけど、文庫にするとそうでもないんですね。フォントが大きかったのか。京極さんの新書は「新書→文庫」でページ数が大増するので、薄くなるとは何だか意外でした。

(1回読んだから買わないけど)





嗚呼本屋さんになりたいです(ちょっとだけ)
BOOK REVIEW | - | -

新刊Rush。

ファウストvol4

ファウストvol4

乙 一, 北山 猛邦, 佐藤 友哉, 滝本 竜彦, 西尾 維新



出てた出てた出てた!というわけで買いました!

つい昨日、会社の先輩に「講談社ノベルスとか好きでしょ」と痛いところをクリーンヒットォォ!されたところなので多少自主規制をしようと思っていた、そんなそばから新刊を発見。財布に2000円しかないのにもかかわらず1400円の「講談社ノベルス系」雑誌を買ってしまいました。はっはっは。



ちなみに創刊以来毎号こつこつと購入しているのですがこの雑誌、どうも創刊号や第2号は品切れ状態らしく(近所の本屋には第2号が置いてありましたが一般的にレアっぽい)、オークションでは値段が高沸、再販を求める声が多かったとか。と、いうわけで、ムックで出るそうです。近日発売。



ファウストvol1

ファウストvol2



そしてファウストを読みながらふふふんと帰社している最中に見つけてしまったのが、これ。



アキハバラ@DEEP

アキハバラ@DEEP

石田 衣良



うわーん何で師走も近づくこのタイミングで石田衣良かなあ!新刊かなあ!買うじゃんそんなの!絶対!



でも荷物が重いから諦めたの 帰りに買わないように気をつけよう
BOOK REVIEW | - | -

本に飢えています。

しまった読む本がありません。



自宅にある本は読み尽くしてしまいました。

新規追加もハイペースですが追いつかない、というか買い過ぎ(右側に表示されている「RECOMMEND」の履歴を見たら結構無駄遣いしていた自分)



そういうわけでファイナル手段「友人に借りた」のがこちらの本。



嗤う伊右衛門

嗤う伊右衛門

京極 夏彦



「京極夏彦は冊数も多いし分量も多いし手を出すには憚る」と、ずっと接触を避けて来たのですが、自分の好きな作家が『好きな作家、というか心の師は京極夏彦先生です』とか語っているインタビューを読んでしまったり何より読む本がもう手元に無いという状況であったりしてとうとう手を出してしまいました。案の定面白いのです。嗚呼。



まあそんなわけで借りた3冊は早々に読んで次を借りよう(でも早々に読んでしまったらまた読む本が無くなってしまうジレンマ)
BOOK REVIEW | - | -

石田衣良Style。

別冊宝島『石田衣良Style』

別冊宝島『石田衣良Style』



こーゆー本が出ていたもよう。



Amazonで「石田衣良」で検索しても出てこないんだもん、サギだ。

悔しいのでイーエスブックスで買いました。近所のセブンイレブンで受け取れば送料無料、手数料無料だし。(余談ですが「別冊宝島」のサイトでこの本の紹介を見ると「オンラインでの購入はこちら」って「楽天ブックス」「イーエスブックス」に誘導してました。Amazonと不仲なのか、宝島社。)



1〜2日で届くようなので、到着メールを待ちます。わくわく
BOOK REVIEW | - | -

跳べ!おとうさん

フライ,ダディ,フライ

フライ,ダディ,フライ

金城 一紀



V6岡田&堤、映画「フライ,ダディ,フライ」静岡ロケ



V6の岡田准一(23)と俳優の堤真一(39)が初共演する映画「フライ,ダディ,フライ」(成島出監督、来年初夏公開)の静岡ロケが26日、報道陣に公開された=写真。

→続きはこちら


映画化されるらしいよ!しかも岡田くんらしいよ!(キャッツから結構好き)

と、いうニュースを見てしばらく経ち、そーいやどうなっているのだろうと検索したらそれなりに着実に進んでいたもよう。よかったよかった。



本に関しては賛否両論のようですが、じじいモノおやじモノに弱い私としてはかなり好きな部類に入る本です。がんばれおとうさん。



そんなわけではよ公開してください
BOOK REVIEW | - | -

禁煙地域





「死のロングウォーク」という本を買いました。

確か大田出版から出てた、バトルロワイアルの赤い表紙の本で、筆者高見さんがオススメしてたはずだと思い古本屋で100円。やはりバトロワちっくでしたがなかなかなかよかったです。



たまに古本屋でいい本を見つけると、古本屋が恋しくなるです。学校帰りに毎日のようにBOOK OFFを愛用していた頃が懐かしい。わたしの町にもBOOK OFF。みたいな。…GEOでもいいのに…。



本購入メモ:死のロングウォーク/スティーブン・キング
BOOK REVIEW | - | -