HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< (なつかしの)大学祭。 | 風邪っぽい。 >>

「SAW」

saw01

SAW



SAWを観てきました。



->STORY

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードンとアダム。足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋の中にはテープレコーダーとテープ、1発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げられる。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼らなのか…。



そのとき、1つの事件もまた進行していた。連続殺人犯ジグゾウ。「命の大切さを教え込むこと」を目的とし、命を粗末にしている人間を命を賭けた恐ろしい「ゲーム」に参加させる。現場を検証していた女性検死官が、ゲーム会場に覗き穴を発見した。『ジグゾウは、最前列で見るのが好きなようです』

(オフィシャルサイトより抜粋)


あらすじはざっとこんな感じ。とりもなおさずサスペンスで事件モノで推理モノなわけなので、ネタバレは避けますが、面白かったです。88点くらい(90点以上をつけるにはちょっと荒削りな部分も多いけどでも面白い、という点数)。



27歳のビジュアルクリエイター2人が「持ち込み」で映画化決定、撮影期間はたったの18日間…。さらに「CUBE」を彷彿とさせる低予算っぷりだったよう(「CUBE」なんてほとんど同じセットしか使ってないんだから比べるなよと思いますが)なので、荒削りなのも納得。多少の突っ込みどころは『映画だし!』で流して楽しめるなら、かなりオススメです。「ハウル」までの繋ぎにいかがでしょうか。



あ、一部グロテスクなシーン(※)がありますので、カップル初デートとか、そういうのにはあまりオススメしません。

※全米・日本公開の際に多少カットされていますが、でもグロテスク



追記

映画で「結局あれは何で?」と思った部分は、一部小説の「ソウ―SAW」(角川ホラー文庫)に載っているみたいです。買おうかな。
CINEMA REPORT[洋画] | - | -

スポンサーサイト

- | - | -