HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< あの音が! | 意外と不幸? >>

炎のゴブレット。

とりあえず前作までは映画館できっちり観ていたりするので、ということで行って来ました「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。つーか公開初日。気合い入ってる人みたいですね。そーでもないのだけども。



前作までは原作を読まずに映画だけ観る、というスタイルだったのですが、先だって会社の先輩に原作を借りてしまったので(不死鳥の騎士団まで読んでしまいました)今回は原作が先。これが吉と出るか凶と出るか。下記ネタバレです。








結論から言うと…うーん、微妙なところ。どちらかというと、原作を読んでなくても分かるのだろうか、アレで。という感じです。



確かに見どころ(と思われる部分)はほとんど盛り込まれているのですが、逆に見どころ以外がほとんど割愛されているような、そんな作り。まー実際、「炎のゴブレット」は相当にぶ厚い上下巻なわけで、伏線張りまくりなわけで、見どころも大量なわけで。伏線は外せないし見どころも外せないし、盛り込んでたら「あれー2時間半過ぎちゃったー」というのは仕方がないような気もするのですけども。でもなー。映画だけ観たら「え?で結局アレは何でソレなわけ?」という気持ちになってしまうのではないかと思うのでした。



個人的には、原作をきっちり読んだ上でのハイライト映像化!というつもりで観るなら問題なく楽しめると思います。読んでいないとちょっと分かりづらい。マッド・アイ・ムーディがお酒を煽ってるシーンが入る意味とか、分かりづらそうだし。逆に原作を読んでいる人にとっては、他校の登場シーン・ハリーがドラゴンに勝つシーン・ハーマイオニーのドレス姿、などなど「嗚呼これ映像化して欲しかったのよ…!」的なオイシイシーンはほぼすべて映像化されてるので、まあ、満足はできるかなと。



そんなわけで次回作を映画館で観るかどうか微妙です。どーしよかな。



ハリー・ポッターと炎のゴブレット 公式サイト

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html
CINEMA REPORT[洋画] | - | -

スポンサーサイト

- | - | -