HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 1行ニュース(12.7) | アンコウを食らう。 >>

CUBE 0。

招待券をお譲りいただいたので、週末に観に行こう。と思っていたら…今日で公開終了ということが発覚。ぴんち。「悪いが今日は19:30で失礼するぜ」と会社から脱走し、20:00からの最終回を観に行ってきました。








まずはオープニングからグロい。オープニングに一番インパクトのあるシーンを持ってくるのは定石とはいえグロい。しばらく後を引くくらいグロい。えと、死に方は、水(っぽい薬品)をかけられた人の肉がどんどん溶けていって、最後は肉がトマトソース(果肉たっぷり)みたいにべちゃべちゃ床に落ちて、骨がごろーんというものです。ほら想像したくない。この死に方が個人的に一番嫌でした。あーやだやだ。



んでストーリーの方はというと。実はCUBE2の評判が軒並み最悪なことからあまり期待していなかったのですが…そんなに悪くなかったです。まあ実はCUBE2は観ていなかったりするのですが、ZEROというだけあってCUBEさえ観ていれば何とかなる感じ。逆にCUBEを観ていないと分からない描写なんかもあるので、そこは必須ですね。



CUBEの謎(CUBEとは何なのか?とか、何でCUBEに入ってるのか?とか)が一部明かされるのは賛否両論みたいですが(わからないからよかったんだろーという)、私はあまり気になりませんでした。結局肝心なところが分からずじまいなので、モヤモヤ感が残るところは相変わらずだし。登場人物の1人が最終的にCUBEの「あのキャラ」だったのだー!というくだりなどはCUBE好きならニヤリとできます。



あ、唯一B級のニオイがしたのは。登場人物の1人が脳に埋め込まれたバイオチップとやらの洗脳効果で突如として殺人マシーン(超人)と化すところ。垂直ジャンプで5mくらい飛んじゃうし、目は黄色く光るし、その割に簡単に倒されるし、あまり意味はなかったような気がしなくもない。目が光るのは特に。スピーシーズですか?



というわけで公開も今日で終わっちゃいましたが、CUBE好きならDVD半額レンタルがあったら借りてみるのもいいかもしれません。



CUBE ZERO

http://www.cube-zero.jp/
CINEMA REPORT[洋画] | - | -

スポンサーサイト

- | - | -