HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 有頂天になれるホテル。 | 博士の愛した数式は…。 >>

STRAIGHTENER SPECIAL LIVE(1.17)

昨日に引き続きライブ。

このために有休取りました。ライブ行くって言いました!



一緒に参加するはずだった友人が急遽不参加となったため、夜中の2時にメッセンジャーで別の友人をお誘い。乗ってくれてほんとありがとう…



今回の会場は渋谷CLUB QUATTRO。音速ラインぶりです。狭くて近くで見られるのはいいのだけど、その分モッシュの嵐に巻き込まれる可能性も高いという、そんな会場。時間ギリギリの入場になってしまったのでフロア後方に潜り込んでみました。








1曲目は「DISCOGRAPHY」。最近この曲で始まるパターンが多い。確かにオープニング的というか、妙に気持ちが煽られる曲ではあります。軽くあったまったかなーと思ったら2曲目の「SPEEDGUN」で一気に浮上。イントロかっこいいよー!そのまま「PLAY THE STAR GUITAR」(定番だけど跳ねまくり)「MOTIONS」(古い曲で大変うれしい)「泳ぐ鳥」(イントロで負け)と熱い曲が続くなか、モッシュの嵐に巻き込まれて気づけば汗だく&前列に移動してました。気づいたらホリエ氏が目の前にいてびびりました。いつもひなっち側にいたので新鮮な感じ(笑)



「THE REMAINS」「TRAVELING GARGOYLE」「SAD AND BEAUTIFUL WORLD」と、次々と熱い曲が。さすがにずっと跳ねてたら酸欠になってきたので、徐々に後退しつつスペースを確保。前のほうは潰されてすごいことになってました。「WHITE ROOM BLACK STAR」ですこーしだけクールダウン。したと思ったら「A SONG RUNS THROUGH WORLD」「SiNG」とやっぱり盛り返し。くそう休むヒマが!「SiNG」は聴いたことがない曲だったと思ったら「TENDER」のc/wだそうです。とりあえずチェックだ。



アルバムから「Blue Sinks In Green」「Dead Head Beat」(多分)。ほとんどの人が初聴きということもあってまったり聴くムード。「Dead Head Beat」のほうはうるさめな感じでした。次のツアーでもやるかも?2曲休んだあとは「POSTMODERN」「KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune MIX]」と熱いのを。「KILLER TUNE」はまたバージョンが違いました。毎回リミックスしてるのだろか。「THE NOVEMBERIST」はまだ発売されていないもののかなり演奏されてるからか、観客一同ノリノリでヘッドバンキング。「Melodic Storm」は相変わらずサワヤカ。そのまま「REMINDER」「ROCKSTEADY」と突っ走って本編はラストです。



アンコールは定番「MAGIC WORDS」。今日もナカヤマ氏の観客ダイブが見れました(笑)「YES,AIR」にメロメロな私としては1曲で終わってしまい残念。次に期待だっ。



というわけでやっぱしワンマンは曲数が多くてよいです。今年も楽しく参戦していきたい所存。



->INFOMATION

2006年1月17日(火) 渋谷CLUB QUATTRO

「STRAIGHTENER SPECIAL TOUR supported by MTV/ぴあ」



->SET LIST

01.DISCOGRAPHY

02.SPEEDGUN

03.PLAY THE STAR GUITAR

04.MOTIONS

05.泳ぐ鳥

06.THE REMAINS

07.TRAVELING GARGOYLE

08.SAD AND BEAUTIFUL WORLD

09.WHITE ROOM BLACK STAR

10.A SONG RUNS THROUGH WORLD

11.SiNG

12.Blue Sinks In Green(新曲)

13.Dead Head Beat(新曲)

14.POSTMODERN

15.KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune MIX]

16.THE NOVEMBERIST

17.Melodic Storm

18.REMINDER

19.ROCKSTEADY



-ENCORE-

20.MAGIC WORDS
LIVE REPORT[ストレイテナー] | - | -

スポンサーサイト

- | - | -