HOQQU

テスト中

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

広島〜萩〜津和野[3]

旅行最終日、3日目。

本日のメニューは萩、秋吉台、秋芳洞、そして広島平和記念公園です。







昨日よりも早い7:50にホテルを出発し、まずは松陰神社へ。

問題児・バスガイドのガイドを聴きながら境内を回ったのですが、このおばちゃんの話が相変わらず長い。8:30出発と言われているにも関わらず、ジャスト8:30まで喋り続けている始末です。「みなさん、お参りしたら戻ってきてくださいねー」ってもう出発時間過ぎてるアルヨー。何だか疲れてしまったので早々にバスに戻ったらおばちゃんが「皆さん遅いわねエやっぱり時間が足りないんだわヨー」と運転手に言い訳しているのを見てしまった。ヲイヲイ。あ、神社は面白かったです。







続いては萩。自由行動OKということなので、おばちゃんのガイドを振り切って見どころだけふらふらと見学。桂小五郎宅と高杉晋作宅はとりあえず押さえてみました。何より一番に銀魂を思い浮かべてしまった私は駄目な子ですか。







2時間ほど移動して、秋吉台、秋芳洞へ。ここ、今回の旅で一番楽しかったかもしれない。秋吉台の景色は「ここ日本なのかー!」というくらいキレイでした(天気が良かったおかげもあるかも)。







秋芳洞の中は寒いかと思いきや常に17℃に保たれているらしく、意外と温かくて驚き。洞窟探検とか、もう言葉だけで燃えます。燃えました。ただ、秋芳洞は「もう成長を終えてしまった鍾乳洞」らしく、壁面を流れる水、したたり落ちる水滴!みたいなロマンが少なかったのが残念。他の鍾乳洞も見に行ってみたいものです。







旅行のラストはさらに3時間ほど移動して、広島平和記念公園。平和記念資料館を見て、原爆ドームを見てきました。「はだしのゲン」、小学生のころに読んだりしましたが。色々と考えさせられましたね。軽く書ける話でもないので書かないけど。



帰りは広島駅からのぞみに乗って新横浜まで。怒濤の3日間でしたが、楽しかったです。そういえば、どこもかしこも修学旅行生がいっぱいだったのが印象的でした。私の修学旅行は「京都・奈良・東京」(高校)だったものですが、このへんに来る学生さんはどこの人たちなんだろうなー。
TRAVEL REPORT | - | -

広島〜萩〜津和野[2]

旅行2日目の本日は、宮島と錦帯橋、それから津和野。

そこそこ距離もあるので、到着→がりがり見学→びしびし移動、という感じではありますが、楽しめました。



そうですね、不満はバスガイドが延々延々と世間話を続けるのでバスでは全く寝られなかったくらいです。まさに「だ、だめだこいつ…早く何とかしないと…」という気分でした。寝かせてくれよおばちゃん…







朝8:00にホテルを出発し、船に乗って宮島へ。この時間帯は干潮とのことで、建物が水に浸かっている様子は残念ながら見られませんでした。普通に島に住んでいる人もいるわけで「毎日国宝と暮らしてるワケよ」とか話してるのかなーとか思ったり。年に1度の能舞台は、座布団代300円だけで見られるらしいです。うわ来たいなあ。







続いては、宮島から移動して、錦帯橋。釘を使わず、木組みだけでできている橋とのことで。意外と長かった。橋を渡った先にロープウェイがあったので、上まで登ってきました。上から見た河がきれいでしたー。







本日ラストはかーなーり移動して、津和野。SLが走ってたりとか、鳥居のトンネルがあったりとか、見所はいっぱいありそうだったのですが、時間の関係で30分くらいしか滞在できないという罠。鳥居のトンネルはかなり見たかったので残念でした。ここだけ、SLに乗って遊びに来てもよいかも。



最後は萩のホテルまで移動して、宿泊。部屋がかなり寒かったのでフロントに電話したら「まだ暖房は入れておりませんので」と言われてしまいました。ガガーン。仕方がないので温泉に入ってあったまって、布団を3枚重ねて早めに就寝。暖房はだいじですよ…
TRAVEL REPORT | - | -

広島〜萩〜津和野[1]



こみち



さて定期のことは忘れることにして。



21日から遊びに来ている母(なんと31日まで滞在してます)と2人で、広島方面に旅行に行ってきました。

「新幹線のぞみで行く!広島〜萩〜津和野3日間」みたいなパックツアーで、バスで観光地を全部巡ってくれてついでにご飯も全部付く、というまるで修学旅行のようなプラン。案の定というかなんというか、年齢層は総じて50歳OVERという感じで、浮いてました私。いいんですけど。



というわけで、旅行1日目は、文学のこみちと、広島風お好み焼き。



文学のこみちと言われても、碑が立っている人の作品をほとんど読んだことのない駄目な私。純文学は疎いのですよ…。とりあえず母の腰を支えつつ階段を上って、参拝してきました。今度図書館で借りてみよう。



広島風お好み焼きは、目の前で焼いてくれるお店で食べました。大学の同期が広島出身で、よく作ってたのを食べさせてもらってたのですが、ほとんど作り方が一緒だったのに感動。本場の味だったわけですな。ボリューム満点で美味しかったです。



そしてなぜかお好み焼きを食べたあと、途中で見つけたBOOK OFF&HARD OFFに立ち寄る母と私。セーター買っちゃった。何をやっているのだ。まあ、そんなこともあります。
TRAVEL REPORT | - | -

軽井沢に行ってきました。



合宿所の庭



16日〜17日と、人生初の「軽・井・沢!」行ってきました。

残念ながらラブロマ旅行とかではないですが。会社の合宿なんで。



行きは事業部長の車に乗せていただき、関越自動車道にて一路、軽井沢へ。途中、事業部長カーの前を走る後輩カーが道を間違ってぴりぴりした空気が流れたりとか、合宿所の場所が見つからなかったりしてぴりぴりした空気が流れたりとか、まあ色々あったわけですが、昼前には無事到着。(でも色々あったおかげで昼ごはんの時間がなくなってしまい、軽井沢名物の「おやき」のみで夜まで過ごすことになりひもじかった)



それぞれ部屋に荷物を片付けたところで、事業部会議。なかなか普段の職場では話し合わないようなことが、意外と重要だったりする…のはお約束といえばお約束ですが、ためになりました。



会議の後は近所の焼肉屋へ。外が真っ暗なので、移動に懐中電灯を使います。やばいたのしい。味は意外と美味。いや、社長がおられたので「上」の付くメニューばっかだったからかもしれないですが。生まれて初めて豚足を食べてみた。死ぬほどおなかいっぱいになりました。



焼肉の後は合宿所に戻って打ち上げムード。各自食堂のテーブルで卓球をしてたり、UNOをしてたり、酒を飲んでたり、語らってたり、風呂に入ったり。卓球大会が恐ろしいほどの熱気でびびりました。2:30頃に眠気がピークに達したので、ベッドメイキングをお手伝いしてから部屋に逃げ帰り。どこぞのお部屋では5:00過ぎまで桃鉄大会が行われていたみたいです。若いね。





空けて翌日はお掃除後、自由解散。9:00起床って書いてあったので時間通りに降りていったら誰もいなかったという罠。侘。とりあえず缶ビールの残骸などを片付けてたらぼちぼち皆さんが起きてきたのでよかったです。



解散後の行動は任意ということだったので、せっかくだからと「信州そば」を食べてきました。汁とか独特でおいしかった。あと長野といえば美味しいフルーツだ!というわけでお土産にジャムなど購入。夕飯の食パンに使うぞー(何か違う)



そんなわけで人生初の軽井沢は意外と楽しかったです。夏に行って肝試し大会とかしたい感じです。会社の保養所もあって安く行けるので、友人の皆様を誘ってみようかのう。
TRAVEL REPORT | - | -

海でYEAR。



わんころ



会社の部活(?)で30〜31日に海に行ってきました。一応ボディーボードとサーフィンの会みたいなのですがどちらも持っていないので見学と遊泳メイン。邪魔ですか。まあそんな人がいてもいいじゃないですか。



朝7:00に起きて先輩の車で千葉県へ。海行ってお風呂入ってご飯(刺身舟盛り)食べて花火見て宴会して起きてまた海。で、帰ってきてカラオケ行きました。ビバ、パワフル。



海に入ってる最中に雨が降ったり猛烈に晴れたり雷が落ちたりしてたのですが、ニュースを見たら千葉県で雷に当たった人が死んでたらしいですね。どきどき。
TRAVEL REPORT | - | -

そのサウンドに。

UVQUVLsh0021_S2.jpg

例の人形



本日は道頓堀で食いだおれた後帰京の予定。



たこ焼き食べて、明石焼き食べて、山芋焼き(お好み焼きの生地が山芋オンリー版)食べて、モダン焼きを食べました。粉物オンリーですね。



たこ昌という店の前で聞いた「たこ昌連れてって〜♪」という歌が頭から離れません。静岡の「ビッグ富士(お値段半分買い物2倍♪)」ばりに強力です。そしてつい歌ってしまう私。くっ。
TRAVEL REPORT | - | -

そうだ、京都行こう。

UVPUVBsh0004_S2.jpg

雨の清水寺



と、いうわけで、大阪からちょっとだけ足を伸ばして京都に行ってきました。関西地方に大雨警報が出てたけど気にしない。



「とりあえず雨も降ってるし祇園で」とぶらぶら歩いていたところ人力車のお兄さんに強烈な営業を受けまして、せっかくだからと2人で3000円(10分)のお試しコースに乗ってみることに。のはずが、お兄さんのトークが面白かったのでつい2人で8000円の散策コース(30分)に変更してしまいました。やるな関西の商売人。でもいろいろと歩いているだけじゃ聞けない話も聞けたのでよしとします。雨にも濡れなかったですし。

おもしろかったのは「人力車が1台160万円くらいする(中古のBMWが買えますね)」とゆう話と「雨の日のほうが忙しいので、台風でも営業している(濡れたくないけど観光はしたいという人が多い)」という話。商売のシステム的には個人経営じゃないタクシー会社に近い雰囲気なのかなと。何だか生臭い話ですが。



夜は相方さんに(GW放置プレイのワビとして)京都の豆腐料理をご馳走してもらうはずだったのですが、時間帯が微妙だったので、大阪で鉄板焼きをご馳走してもらいました。1人前が5000円を超えるととたんにオロオロする私。「よよよよろしいんでしょうかこんなものをいただいてしまいまして…」って言ってたら笑われました。貧乏性が憎い。
TRAVEL REPORT | - | -

イチロ、オオサカ。

TB1RRHsh0004_E5_S2.jpg

はな



のぞみに乗って大阪に行きました。人生で初めてのぞみに乗りました。なんだか流線型でかっこいい車種でした。流線型というかっこいい形だからなのか、一番前と一番後ろのドア(両端のドア)からは乗り込めないですよーとアナウンスが流れていました。そんなことはつゆ知らず並んでいる中年のおじさんがいましたが、そこまで教えに行く義理もないので黙っていました。悠々車内に乗り込むと座席がいくつか空いていたのですばやくそこに座りました。きっとおじさんは座れなかったにちがいないと思います。



1時間半ほどリンクと戯れたところで大阪に着きました。大学の先輩と会う約束をしていたので待ち合わせ場所の出口(名前を忘れました)で合流。会う約束はしているものの何をするかは全然決まっていません。とりあえずお好み焼きを食べに行って、お互いの近況を話しました。先輩はいまは実家で勉強中とのことでした。



先輩が携帯電話の機種変更をしたいというので、付き合って電気屋さんを巡りました。電気屋さんの店頭から、今は奥菜恵と仲間由紀恵の一騎打ちで、木村カエラは落ち目なのだなということが分かりました。先輩を仲間由紀恵の虜にしてやろうと思いあの手この手で誘惑を試みたのですが、馴染みは手放せないということで結局木村カエラに落ち着いてしまいました。仲間由紀恵はいまひとつフェロモンが足りなかったなと反省しました。奥菜恵は候補にも挙がりませんでしたが、自分は彼女のスタンダードなところがそれなりに気に入っています。



そろそろお腹が空いてきたとき、タイミングよく「8時までは何杯飲んでも1杯300円!」という売り込みを行う居酒屋の前を通りかかり、そこで食事を取ることにしました。ジャンボ鳥串が思ったよりジャンボでなかったことにがっかりしましたが、考えてみると1杯300円で何杯もビールを飲んでいるのだから元は取れているわけで、このくらいは許してやることにしました。飲み食いしているうちに大学の後輩が合流してきたので、河岸を変えることにしてお店を出ました。先輩が少し多めに払ってくれました。どうもありがとうございました。



先輩と分かれて道頓堀にある宿泊場所に移動しました。顔だけの石像が4つほど並んでいて、意味が分からないながらも妙に迫力のあるところでした。1泊3500円という破格のお値段でしたが、この顔が見れただけで3500円のうち1500円分くらいは払ってもいいんじゃないかというくらい妙な石像でした。みなさんも道頓堀を通りがかったときはこっそり見ていくといいんじゃないかと思います。



今日の日記はここまでです。





…意図的に散文的にに書いてみたら疲れました。やはりテンションが大切だな。
TRAVEL REPORT | - | -

ハッピー?



鎌倉の大仏



本日は私の誕生日。

というわけで、レンタカーでふらりと日帰り旅行に行ってきました。



車は借りたものの目的地は未定、なんだかいちごが食べたいから狩りに行っちゃいますかーと、まずは短絡的に三浦海岸へ。しかし世間は甘くないのです。



『本日のいちご狩りは締め切りました』



悔しいのでその場で1パック買ってむさぼり食ってやりました。500円でお腹いっぱいになったよ!わーい!



続いて南に下って鎌倉へ。実は人生初の鎌倉。だって北海道の高校生の修学旅行は奈良と京都だし!金閣寺とか見たし!大仏が思ったよりコンパクトだったのでちょっと残念です。でもあの文化のニオイがする雰囲気は結構好き。次はゆっくり行きたいですね。



その後、鎌倉駅まで呼び出した友人を乗せて温泉に行こう、行くべし、と思ったらすでに閉まってたのでスーパー銭湯に行きました。20種類のお風呂なんて豪華ですね。「なんちゃって熱海温泉」(成分だけ熱海の温泉と似せました)というコンセプトのお風呂があってそいつはどうかと思いました。



という1日。行き当たりばったりの誕生日。
TRAVEL REPORT | - | -

山を越え行こうよ。



GALAゆざわ



実に5年ぶりに、雪山に行ってきました。

(5年前に白樺湖に行ったときが最近。なのですがそのときは途中から雨が降ってほとんど滑っていないので、マトモに滑ったタイミングまで戻るなら6〜7年前、高校生まで遡らなければいけないというインドア派っぷり)



さて今回。スノーボードは人生未経験なので、とりあえずできそうなところからファンスキーに挑戦してみました。確かに軽くて小回りはきくんですが、ストックがないとやっぱりバランスがとりづらい。途中カービングスキーをやっていた先輩からストックを借りてみたのですが、ストックって大切ですね(実感)。

とはいえ枯れても北海道出身、さすがに全くすべれないという状況はすでに脱出しているので、無事怪我もなく戻ってきました。猛吹雪でゴーグルの中まで凍ったのはご愛嬌。嗚呼温泉に入りたかった…。



ちなみに、前日は飲み会だったわけですが、酒が残った状態の「ゴンドラ」および「スキー」は二日酔いを助長するということが良く分かりました。諸君、以後注意するように。





普段使わない筋肉を使ったので体がぴきぴきします。ゆっくり寝よ。
TRAVEL REPORT | - | -